前回はいの一番の「広さ」を改めて見つめ直しました。

誰でも広さの次に気にしたいのは?

今回は「日照」を掘り下げてみたいと思います

いま再び、「建築基準法は最低限の基準」

広さの場合と違って、ここには建築基準法も言及しています。あえて言及という中途半端な表現を使いました。そう、前回の「最低の基準」の話を思い出してください。

「日照」と「採光」は違います

建築基準法が規定するのは「採光」を確保する為の基準であり、「日照」ではないのです。

日照とはつまり、「日当たり」ですね。

賃貸併用住宅 実例

「日照」たっぷりの賃貸住室

「屋外の明るさ(*直射日光とは限定しない)を室内に取り込む事」の採光とは異なります。でも実際の人間の健康や生活には、そうした採光よりも日照のほうが恩恵は大きいと言えます。

でも、都市化された街の中で日照を確保するのは、周囲の構造物の状況に加え太陽の方位までが条件となるのでとても困難になっています。

一方、直射日光かどうかは問わない採光は太陽光は無視できてしまうことになり、単に窓の部屋の外の空間の確保になるので、ハードルは格段に低くなります。

なので例えば、設計士さんが「法律の採光の規定は守ってますから大丈夫ですよ」と言ったとしても安心してはいけません。

ローコスト住宅 横浜

トップライトの例

くりかえしますが、採光とは日当たりが全然なくても、空に反射する天空光を室内に取り込む、つまり「明るさ」確保でも良し(=真っ暗だけは避ける)とする規定だからです。

トップライトに至ってはなんと3倍の採光効果をカウントできてしまいますが、トップライトからの日照は、太陽が通過するほんの一瞬間だけですし、北側の屋根だと全く直射はありません。あくまで補助的な役割とするべきで、これだけに頼って設計を構築するのは適切ではありません。

実際の生活のなかでの「採光」と「日照」

採光規定の具体的内容は、「窓は隣地境界線から一定の距離離れていなければならない」というものです。つまり確認申請は通っても、北側だったり隣に高い建物が建ったりしていて一年中太陽の日が当たることのない部屋、というのが十分に有り得ます。
この顕著なケースが、地下室です。この部屋も法律の上では居室です。

地下室のある家

戸建住宅の地下室の例

ワンルームの賃貸住宅は一部屋だけなので、たくさん部屋があって寝室は暗くてもリビングやバルコニーは日が入る一戸建ての住宅とは状況が根本的に異なります。いくら法律はクリアしていても、一年中日が入る所の全くない住居では、入居者が長居できずすぐに出て行かれても仕方ありません。

ここで冒頭に戻りますが、建築基準法は最低限の基準ですので、それを満たすだけでは時に不十分となることがあるのです。

太陽光の紫外線は、人体に多量直射は有害ですが適量であれば殺菌効果もあります。カビやダニが好む湿気を乾燥させてくれ、室内を温めることで空気の循環を促し換気の手助けもしてくれます。さらには、日々洗濯物や布団を干さなければなりません。

日照が、肉体的にも精神面でも人の健康に大きな影響を及ぼすことは明白です。

オーナー様の恵み⇐入居者の満足⇐建築士の責務

ただ闇雲に収益だけを求めて住戸数だけを増やした結果、全く日の当たらない住戸ができてしまうのは避けなければなりません。建築基準法の最低限の基準に依存してしまうことなく、たとえ住戸の数は減ったとしても、少なくとも一日数時間でも、バルコニーと部屋の片隅でもお日様を確保して、「健康に生活するために実質として必要不可欠な規準」を加える」ことが建築士としての正しい、良心的な姿勢だと考えます。

いや、建築士として云々などでなく、入居者にとっての入居を決断させる魅力、さらに長期居住につながる大きな要因となります

そして結果的に、オーナー様にとって空室の少ない安定した経営へと導いてくれるのです。

賃貸住宅の黄金律

滝沢設計のホームページにも詠っていますが、この「入居者ファースト」は巡り巡ってオーナー様の恵みとなる、これは黄金律です。

その1」も読んでみて下さい