安心・安全の為の建物構造

  • HOME »
  • 安心・安全の為の建物構造

 

地震に強い家

建築基準法での構造計算についての規定はこうなっています。

木造で3以上の階数を有する建築物、木造以外(鉄骨造・RC造)で2以上の階数を有する建築物は構造計算によってその構造が安全であることを確かめなければならない

 


!木造2階建てはこれに当てはまらないので構造計算の必要はなく、その代りに次の基準が設けられています。

  1. 建物の大きさに係数をかけて耐力壁(=筋交や合板壁)の総量を算出します
  2. その耐力壁を、規定に沿って偏りなくバランス良く振配置して、地震や風に耐えうる構造とします。
  3. その結果柱ごとに発生する引抜き力を算出し、それに応じた金物で更に建物を固めます。

つまり木造2階建ての建物は、これらの基準を満たしていれば法律上構造計算の必要はありません。
なぜ必要がないか、実務でお示ししましょう。

上の1,2,3の基準を「きちんと満たした」2階建ての家で構造計算をすると(例えば長期優良住宅や性能評価の際に2階建てでも構造計算をします)、ほぼ例外なく、構造計算はどこにも手を加えることなく「このままでOK」という結果になります。
しかし、3階建ての木造住宅となりますと、構造計算によって耐力壁の不足や逆に過多による修正が起きるケースが出てきます。

このように、実際の実務で法令基準の正当性が証明されている形となっています。
汗ただしかしあくまでも、1,2,3の基準を「きちんと満たした」ものでなければその信頼は崩れてしまいます。

!構造計算が義務付けられていないからこそ、確かな経験と実績に基づいた構造計画による設計が必須です。

この経験はどうしたら身につくのでしょうか?
これは、3階建ての木造建物の構造計算を数多く経験することで培われるものです。その知識を2階建ての設計にスライドさせて活かした時に初めて、それは確かな経験となります。

good

確かな根拠があってこそ安心・安全が生まれます。
安心・安全がなくては、せっかくのデザインやバリアフリーにも意味が無いとさえ言えます。

滝沢設計は構造強度を別格として優先しています

滝沢設計は都内を中心に豊富な3階建ての経験を積み、それが2階建ての設計をより高度なものにしています。
そして、どんな素晴らしいデザインが思いついたとしても、全ては構造強度を確保することを別格として優先、この安心安全エリアは何よりも先んじて守る。
これは設計者の持つべきスタンスです。

もちろん、その安心安全が数値化された明確な担保としての構造計算も受け付けております。(構造計算費がかかります)
家に損傷が起きるか?や、計算の必要があるか?という視点ではなく、構造計算をした方が強度の根拠という点においては勝ることは間違いがありません。

どのような家の強度に安心安全を感じられるか、望まれるかはお客様それぞれの個性であり、自由でもあります。
我々は技術者の責務は、どのような前提でも堅牢な住宅をご提供することです。

参考として、構造計算で実際に作成される設計図書はこのようなものです。

具体例

構造計算具体例この図面の家

お気軽にお問い合わせください TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP