安心・安全の為の建物構造

  • HOME »
  • 安心・安全の為の建物構造

 

地震に強い家

住宅は家族の生活を守るもの。
しっかりとした強い建物構造は、まず第一として優先されなければなりません。

滝沢設計では、どんなに素晴らしいデザインを思いついたとしても、まずは構造強度を確保し、その上でデザインとの両立を必須要件としています。

英語の「Design」には装飾的な語意だけでなく「設計」という意味もあります。
構造計画は滝沢設計が進めるデザイン住宅設計の、最重要課題として常に取り組んでいます。

構造計算が義務付けられていない2階建てにこそ、正しい構造強度の知識に基づいた設計が必要です。

順を追ってご説明していきます。
まず、建築基準法での構造計算についての記述を見てみましょう。

木造で3以上の階数を有する建築物、木造以外(鉄骨造・RC造)で2以上の階数を有する建築物は構造計算によってその構造が安全であることを確かめなければならない

木造2階建てはこれに当てはまらないので構造計算の義務はなく、その代りに次の3つの基準が設けられています。

  1. 必要な耐力壁(=筋交や合板壁)の総量を算出します
  2. 耐力壁は偏りがないように配置する
  3. 耐力壁によって柱に発生する引抜き力を算出し、それぞれの柱にに応じた金物で補強する

つまり木造2階建ての建物は、これらの基準を満たしていれば法律上構造計算の必要はありません。
では「必要がない」とはいかなることか? をみてみましょう。

上の1,2,3の基準を「きちんと満たした」2階建ての家に構造計算をかけた場合、ほぼ例外なく構造計画自体のどこにも手を加えることなく「このままの設計で構造強度はOK」という結果が出て、構造計算は単に安全性を数値化する作業となります。
一方3階建ての木造建物の場合、構造計算をしてみると、耐力壁の不足や逆に過多による構造計画の修正が起きる。つまりは構造計算によって修正することで安全な家となるケースが出てきます。

こうしたことからも、2階建ての構造計算免除には妥当性があります。
ただし・・・
汗実は上記の1,2,3の基準の法的審査のハードルが、現状ではなり低いものとなっています。
構造にとって重要な点まで審査しておらず大まかな検討だけでも通ってしまう為、基準をクリアするだけでは、実際には構造強度が不十分な家でも、審査自体は通過して工事は進んで行ってしまいます。
ここで要注意事項が見えてきました。
2階建てと言っても、基準をあくまでも「
自主的にきちんと満たした」ものでなければ、本当の建物強度をもたせることはできません。

どの位のクオリティで基準を満たしているか、その「質」がとても需要なのです。

!冒頭のテーマに戻ってきました

構造計算が義務付けらていない2階建てにこそ、正しい構造強度の知識に基づいた設計が必要です

この知識はどうしたら身につくのでしょうか?
これは、3階建ての木造建物の構造計算を数多く経験することで培われるものです。

具体的にはどのようなノウハウでしょうか?
・柱や梁は太ければいいというものではありません。不必要に太いとそこに力が集中して流れていってしまい、そこが局所的に弱点となりかねずかえって危険です。

・ぱっと見ただけではわからない柱や梁に、一見したところ以上の力が架かっているという事が良くあります。そうした箇所は適切に補強しなければなりません。あどういう所にどのような力が流れているか?それが解明できて適切に強化する為には経験の数がものを云います。

・よくハウスメーカーさんなどが決まって言うことに「真四角な家が一番強いです」というのがありますが、これは誤りです。
構造計算においては、建物全体を細かなブロック(四角)に分割して、それぞれにブロックの構造強度を検討します。
建物全体が真四角でなくても、真四角なブロックに分けてその一つ一つがきちんと構造計画されていれば、全体が真四角のものと全く同等の構造強度を有しています。

・「角には必ず耐力壁があった方がいいです」のようなことをいう方もいますが、これも誤りです。
構造計算ではあくまでも「耐力壁線上の壁の量」を検討対象としています。角でなくても壁線上に十分な壁量があれば堅牢な構造です。(でも角の、柱まで抜いてしまうのはNGです、ブロックが成立しませんので)

等々、これらほどれも決して省くことのできない重要なポイントですが、現行の2階建て建物の審査体制においては全く見逃されてしまっています。

滝沢設計は豊富な木造3階建ての経験を、2階建ての設計に活かしています

これまでに蓄積してきた都内を中心に多くの3階建ての経験、それが滝沢設計の2階建ての構造計画をより高度なものにし、「あの東日本大震災の後でも微細な壁のヒビすら、ただの1件も無し」というありがたい実績となっています。
これら3階建の構造計算時の基準を2階建ての設計にスライドさせて活かした時に初めて、それは「正しい構造計画の設計」となります。
それ以外の、例えば「長年のカン」とか「先輩から教わった」、「いままでこうやってきて問題なかったから」というのは、残念ながら全てお客様にとっての不利益となる設計と言わざるを得ません。

そして意外な事に、正しい構造の知識を持って設計にあたると、「やってはいけない事」が解かると同時に「構造強度補保持しつつ、ここまでなら可能」の範囲が自信をもって明確になるので、プランの自由度が増すのです。

2階建ての構造計算

こうした3階建ての構造計算基準を2階建てに準用する

確かな根拠があってこそ安心・安全が生まれます。

安心・安全がなくては、せっかくのデザインやバリアフリーにも意味が無いとさえ言えます。

またなによりも、建物の構造的安心は、お客様の毎日の暮らしの全てを土台から支えるものです。

構造計算の有用性

2階建てにおいても構造計算の価値・有用性は、「安心安全が明確に数値化された担保」として十分にあります。
ご要望があればもちろんお受けしております。(構造計算費がかかります)

必要があるか?といった視点ではなく、強度の根拠という点において優位性があることは間違いがありません。

どのような強度の確認の方法に安心安全を感じられるか、望まれるかはお客様それぞれの個性であり、自由でもあります。
我々は技術者の責務は、お客様それぞれのご要望に即して、どのような前提でも堅牢な住宅をご提供することです。

参考として、構造計算で実際に作成される設計図書のサンプルを以下にお示しします。

具体例

この図面の家構造計算具体例

 トップページにもどる   

 お客様の声を動画で  

建物の構造についてご興味ある方
ご質問・相談をどうぞ 

構造強度を保持しながらデザインとの両立に成功した実例をみる

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [注文住宅]  事例のページに跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [共同住宅・アパート・長屋・賃貸併用住宅(2階建)] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [共同住宅・アパート・長屋・賃貸併用住宅(3階建)] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [作品動画] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [ローコスト住宅] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [スキップフロア・蔵収納] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [狭小住宅] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [バリアフリー住宅] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [お客様の声] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [お引き渡しまでの流れ] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [Q&A] のページへ跳ぶ

神奈川県で滝沢設計が設計したデザイナーズハウスの画像 [滝沢設計のプロフィール] のページへ跳ぶ

お気軽にお問い合わせください TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP