木造とRC・混構造住宅のすゝめ

  • HOME »
  • 木造とRC・混構造住宅のすゝめ

混構造=木造住宅 × RC ⇐最強

 お互いの不足面を補い合う + お互いの良さを更に引き出す = 相乗効果 

RCと木造の混構造住宅を神奈川県で建てる

まず初めに・・・

木造とRC、各々の特徴をお客様目線で整理してみましょう

  長所 短所
木造

工事費が低額

変形地などへの設計の自由度が大きくリフォームの際融通が利く

木を活かしたデザインは住宅に適している

RCほどの大空間はつくれない

地下はつくれない

キャンティ(跳ね出し)の自由度は低い

RC

大空間がつくれる

地下がつくれる

「打ち放し」などシャープなデザインができる

工事費が高額

2階建て以上になると地盤改良より高額な杭工事が必須となる

温かみのあるデザインには不向き

♦大空間が欲しい場合

・大型車を2台並べて置けるガレージが欲しい
・普通の家にはないような、リビングの広い吹抜が欲しい

・・・RCで建てられるなら、でも工事費は抑えたい・・・それに2階部分は木造住宅の温かみのある空間がいい・・・

1階RC造+2階木造 の混構造なら全て叶います

♦容積率が低い土地で、地下緩和を活用する場合

・家族が必要な部屋数が建てられない
・リビング小さくなってしまう
・容積率の地下緩和を活用して3階建て分の広さが必要だけど、RCの家を建てるような予算は考えていない
・要望が多く、しかも変形地なので、設計に自由度があり将来のリフォームも可能な木造住宅を希望している

・・・地下を造るにはRCになるが、特にRCに対する執着はない。又はむしろ木造住宅のほうがいい・・・

地階RC造+1、2階木造 の混構造なら全て叶います

更には、地下RCを外断熱として内壁を打ち放しで仕上げることで、万が一の漏水にも早期発見&防水保証を適用した確実な対応ができます。

超えるべきハードル

*RC造の建築物は、専門の技術がない木造住宅専門の工事会社では施工が難しい
*直に技術を有する工事業者に依頼すると、コスト分配の最適化が十分に行われず費用が高騰してしまう事が多い
*地階を住宅として使用する場合の、設計と工事の技術と経験は、総合的なよりいっそうの高いレベルが必須となる

答え

十分で堅実な技術力を持つ設計事務所が、工事業者と協力してコストコントロールすることで、適切な価格と工事の品質が確保されます。

滝沢設計は、これまでに積み重ねてきた確かな経験と実績を基に、この答えを実行に移しています。

実例のご紹介

地下1階、2階と3階木造の3階建て混構造住宅

半地下で容積率緩和ができるRC混構造住宅

 神奈川県横浜市 第1種低層住居専用地域
敷地:60㎡ 建蔽率:50%  容積率:100
3階建てでも、法律的には地上2階建てとして、床面積も地階はカウントされません。
起伏のある丘陵地が多い神奈川の、道路より上がった敷地に適しています。

 

地下1階、2階と3階木造の2世帯混構造住宅

デザイナーズハウス 神奈川

 神奈川県横浜市 第1種低層住居専用地域
敷地:68㎡ 建蔽率:40%  容積率:80%

3階建てでも、法律的には地上2階建てとして、床面積も地階はカウントされません。
起伏のある丘陵地が多い神奈川の、道路より高く上がった敷地に適しています。

まだある、RC+木造の混構造住宅のメリット

大きな車庫が可能に

RC混構造の外観

大吹抜に跳ね出しの階段が可能に

RC造の大空間リビング

RCならではの跳ね出し階段

 

まずはお気軽に、はじめの一歩 TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP