3階建て長屋

  • HOME »
  • 3階建て長屋

「3階建て長屋」が求めている建物に上手くはまれば、最強です

ただし、長屋には以下の特徴があります。

 😥 全住戸の玄関が1階になるので、住戸数が多いアパートには適しません
 😥 3階の住戸に上がる室内階段を、無理なく自然な形に設計しなければなりません

でも、とても相性が良い建物があります。それは、

3階建て長屋の画像

賃貸併用住宅の3階建て長屋

ベストマッチ
3階建て賃貸併用住宅で、オーナー住戸が2階の一部と3階全てなら、これらは問題となりません。
 😛 むしろまったく無駄のない、ハイブリッドな住宅が実現するのです。

それ以外にも。法を上手に活用する
2m幅の旗竿地では3階建ての共同住宅は建築できませんが、(一部の行政を除き)長屋形式であれば、旗竿地でも多住戸の賃貸住宅を建てることができます。
(賃貸併用と異なり冒頭の難問は残りますので、土地価格が高い都内限定での適用となります。)

実例

 3階建て長屋 オーナー住居併用。つまり、賃貸併用住宅

1階に賃貸2住戸とオーナ住戸の玄関

2階は賃貸1住戸とオーナー住戸の寝室と水廻り

3階にオーナー住戸のリビングと寝室

そのうえにはロフトも!

賃貸併用の3階建て長屋のオーナーリビング

都心の密集地でも3階のリビングは解放感いっぱい

全景・ご自宅

賃貸部

 

東京都内なら、長屋形式の活用で旗竿地でも3階建て賃貸住宅OK

東京でローコストに建てた賃貸併用住宅

長屋のメリット、使わなきゃ損

  • 3,500万円
  • 土地東京都内105㎡ 床面積;46坪

(本例は賃貸併用住宅ですが、都内では賃貸住宅でも多く採用されています)
(1階に集中する玄関や3階住戸に上がる室内階段など、難問もありますので、都内以外での現実性は低い)

ご自宅

賃貸部

 

まずはお気軽に、はじめの一歩 TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP