木造3階建てアパートのコスパとデザインで空室の無い【堅実な賃貸経営】を可能に、神奈川・東京の満室で高収益の実例。

  • HOME »
  • 木造3階建てアパートのコスパとデザインで空室の無い【堅実な賃貸経営】を可能に、神奈川・東京の満室で高収益の実例。

 安定した賃貸住宅経営を高収益に木造3階建てアパート 

滝沢設計の木造3階建てアパート代表作品の画像

木造なら堅実にスタートでき、不確実な将来にも柔軟に対応ができます

木造は鉄骨やRC造より遥かにローコスト

・事業成功の基礎である初期投資を抑えることで、成功への足固めができます。

・建物内の設備機器や配管が老朽化して交換が必要となった際、大規模修繕でなく建て替えを選択肢にできます。

・将来もし取り壊しが必要になった時、RCや鉄鋼造と比べて解体工事が格段に軽微で安価です。

いま、経営に苦しんでいるアパートはどれも「差別化」がなされていません

・このことから、賃貸経営を決定づけるい賃料・少ない空室・長期入居には差別化が不可欠なことがわかります。

・その差別化とは
[良好な住空間を維持しながらの最大住戸数]
[入居者を引き付けるデザイン]
[長く住みたくなるきめ細かい配慮・工夫・アイデア]
どれも、設計力によってしか成し得ることができません。
にに直結

東京・神奈川は激戦区

であればこそ
ローリスクで事業を始め、デザイン力により運営を堅実にしたいものですね。
その為に木造3階建てアパートは有力な選択肢となるはずです。

滝沢設計の実績をご覧ください

都内での木3共設計実例

市街地に最適な木造3階建てアパート

3階建て長屋の専門ページ ⇐クリックorタップ

滝沢設計は準防火地域の木造3階建てアパート、「木3共」を最大限に有効活用しています

注)木3共とは、以前では現実的に無理とされていた準防火地域での木造3階建てアパートを、一定の基準を満たすことで建てられるようにした、建築基準法上の緩和既定です。

東京と神奈川には準防火地域がとても多い

上手に使いこなせば有益な木3共ですが、防火や避難性が強化され設計・施工上の難易度が高いことから、まだ大きく広まってはいません。

もうお分かりと思います

木造の安価メリットを活かし
「木3共」を使いこなし
ローコストなデザイナーズとして差別化する
こうしたアパートは現在とても希少です

自然に競争力は高まり
賃貸募集のコストは減り
長期的な賃料低下も最小限に収まっていきます

!実はこれこそが、実質の利回りを大きく押し上げるのです。

1級建築士による木造3階建てアパートの賃貸室内のデザイン

費用対効果の高い建材を丁寧に作り込むことでデザイン工事をコストダウン

それを可能にしている秘訣を、具体的に公開します

滝沢設計のデザインの優位性は「アパートでも完全自由設計」

いまだにプレハブの規格型が主流の3階建てアパート業界
滝沢設計は独自のアイデアで
物件ごと個別に取り組みます
(東京都1種・2種高度でも住環境を充足した住戸を最大数確保しています)

コストダウンの方策

効率化により質を落とさないローコスト化、
良心的な施工業者とのネットワーク、
最安仕入れルート開拓、
施主支給の活用、
厳正な見積りチェック、

全てを複合させることで、
滝沢設計の賃貸住宅は、収益をより確実なものにしています。

滝沢設計の3階建てデザイナーズアパートは、Houzzのサイトでも紹介されています

3階建て長屋の内観画像

入居者の「ここに住みたい」を呼び込む

常にコストダウンに努めますが、滝沢設計は必要なものは削らず、価格よりも質で勝負します。
低価格を最重要視される場合は、お役に立てないかもしれません。

 滝沢設計の総合力を、更に詳しく他ページへリンク 

狭小住宅のテクニック
注文住宅のスキル
ローコスト技術
建物空間設計と外観デザイン
賃貸併用住宅

建物構造強度重視 (*メンテナンス費用を軽減します)

 

2階建ての賃貸住宅についてのページは♦ここからジャンプ

動画でみる滝沢設計の木造3階建て事例

共同住宅でも長屋でも、豊富な実績に安心。滝沢設計の賃貸住宅

「もっと聞いてみたい」という方、ご質問お待ちしています

賃貸住宅を成功に導くための処方箋のブログ も参考にして下さい。

 実例  木造3階建て共同住宅

木3共で評判の滝沢設計のデザイン

細部までデザインされた集合住宅の居室

最上階には固定階段でロフト(=寝室)付き

1階 :25㎡/4戸
2階 :25㎡/4戸
3階 :25㎡/3戸、20㎡+ロフト5㎡/1戸

 実例  3階建て長屋 オーナー住居併用=賃貸併用住宅

注文住宅の家づくりの魅力と、賃貸経営事業としての収益メリットが融合した相乗効果。

賃貸併用の3階建て長屋のオーナーリビング

3階の眺望をフルに生かした設計です

道行く人が立ち止まる外観は満室に直結

1階 長屋住戸 21m² 2戸
2階 長屋住戸 23m² 1戸&オーナー住居
3階 オーナー住居

注) 長屋は敷地の形によっては、設計の難易度は高くなることがあります。まずはご相談ください。

賃貸併用住宅について詳しいいブログ

 実例  狭小地で、建ぺい率緩和を活用した準耐火木造3階建て共同住宅

入居者に選ばれる、長く住んでもらえる賃貸住宅。

木造3階建てデザイナーズアパートを神奈川・東京で建てる

敷地を効率よく設計し高収益を実現した例

準防火地域なら準耐火で建てれば建ぺい率が10%大きく建てられます

全階 長屋住戸 20m² 、18㎡ 2戸
計6戸

 

賃貸経営に「戦わずして勝つ」ブログ

賃貸住宅以外の事も深くわかる

PAGETOP