木造3階建て共同住宅・3階建て長屋の実績と実例

  • HOME »
  • 木造3階建て共同住宅・3階建て長屋の実績と実例

3階建て共同住宅や長屋を神奈川で設計

 

〈注文住宅のエッセンスで人気〉木造3階建て共同住宅・長屋・賃貸併用住宅in東京and神奈川

木造3階建て共同住宅ならば、鉄骨造やRC造よりも優利な低価格・短い工期で、しかも木造の持つ優れた構造強度・設計の自由度と、滝沢設計独自である注文戸建注宅の高いデザイン性を取り込んだ、入居者から好感度の高い賃貸住宅経営が実現します。
もちろん将来建物を解体するときも、鉄骨造・RCより遥かにローコストです。

高利回り

最上階住戸は高い勾配天井+ロフトで高い入居率

木造3階建て集合住宅の「今」と、滝沢設計の優位性(事務所案内のページへ)

準防火地域の場合

「1時間準耐火」での建築となります。(*長屋の場合、地域によっては「45分準耐火」でも良)
以前の厳しい規定から緩和的法改正により一気に実現可能となった建物ですので、委縮して敬遠する施工会社や設計事務所が多いなか、滝沢設計ではこれを画期的な建物と捉え、積極的に取り組み続けてきました。
住宅設計事務所としての経験も活かし、入居者に人気の高い戸建て感覚のデザインを武器に、他社を上回る技術ノウハウの蓄積を得るに至っています。
現在では
・法基準をクリアするテクニックを駆使した「無理のない最大戸数」での住戸計画のご提案
戸建て住宅のスキルを活かし、入居者にアピールして賃料を上げ空室を防ぐアイデア
・「デザイナーズアパート」として差別化できる建物外観
・都心での狭小住宅のスキル
を加え、近隣で競合する賃貸住宅の追従を許さない完成度と差別化を大きな強みとしています。
滝沢設計の主力分野としての実績をご紹介しながら、オーナー様にご安心と完成後のご満足をいただける設計・監理を行っています。

賃貸併用住宅のページ(+集合住宅全般)は♦ここからジャンプ

長屋 3階建て 共同住宅

注文戸建住宅のデザインを賃貸住宅に

防火地域での3階建て共同住宅は?

今回の建築基準法の改正において示された選択肢は、残念ながら実用性に欠けるものでした。これまで通りの耐火建築物での対応が有効です。

技術革新による大きな進化

木造耐火は価格面と施工性が課題でしたが、耐水性強化石膏ホボード製品の登場によってかなりハードルが下がりました。
「防火地域」という条件が外れない方にとっては、とても心強い援護射撃です。
常にこうした最新の情報を逃さない積み重ねも、最善のアパート建築を呼び込みます。

*防火地域の規制の場合は長屋も、100㎡を超えたり3階建てになると一律に耐火建築物指定の規制を受けます。(ただ、長屋については将来緩和の可能性もありますので、今後の改正予定をお楽しみに)

詳しい説明をご希望の方はお問合せ下さい

動画でみる滝沢設計の木造3階建て事例

共同住宅でも長屋でも、豊富な実勢に安心。滝沢設計の賃貸住宅

アパート事業の現状と戦略のブログ

用語の整理

♦共同住宅 → 廊下や階段を複数の住戸で共用する形

♦長屋 → 廊下を共用しないで各々の玄関に直接入り、階段も自己住戸専用の形

♦アパート → マンションと比較して小規模な共同住宅と長屋の総称

 ◊実際に建てられた実例へジャンプ

賃貸住宅の形態は様々、でもベストな選択肢は1つ。

・コストは一般的には 長屋<共同住宅 となる

・長屋の共同住宅と比べた際の利点は、建ぺい率が厳しいケースで貴重な建築面積を屋外階段と外廊下に費やすことなく(もちろんその費用も節減できる)、住戸面積が増え、室内空間が充実する為、賃料を高く設定できることが多い。

・長屋の3階建てでは、3階の住戸までの専用階段が非効率なのが難点ですが.賃貸併用住宅でオーナー住居が2階と3階を使う時は効率の良い設計が可能となり、3階建て長屋がとても有効です。

・敷地の形状・条件によっては、長屋よりも共同住宅にした方が効率良く活用できる場合や、コストもあまり変わらない事もあります。

・3階建てよりもロフト付き2階建ての方が利回りが上がる、などというケースもあります。

・かなり稀ですが、プランによっては、木造耐火とした方が屋外階段・廊下のスペースが省略でき、工事費は上がっても戸数が増えるので、利回りは向上することがあります。

世界で一つの、最適な設計

建築士としての責務

このようにケースごとに設計が違ってきます。
オーナー様のご要望をくみ取りながら、様々な形態の中から最も優れたプランを、しっかりと見極めて計画し、選択肢を示しオーナー様にベストな選択をしていただく。
その建築士が本来担うべき役目を、滝沢設計は堅実に全うしていきます。

 

実際に滝沢設計で建てた建物を、オーナー様自ら動画でご紹介

 

木造3階建て共同住宅、3階建て長屋なら実績ある安心の滝沢設計

  • 1時間準耐火に精通した滝沢設計は、初めに定めたスケジュールで予定通り建物が完成します。
  • 注文住宅のスキルを活かして、賃貸住宅においても木造建築の自由度の高さを十二分に活かします。デザイン住宅のスキルは特に賃貸併用住宅において力を発揮しています
  • 滝沢設計の木造住宅のローコスト手法により初期投資額を抑えます。ローコスト住宅
  • 構造強度を重視する滝沢設計の木造建物は、長期間にわたる安定収益を基礎から支えます。
    また経年による損傷を最小限に抑える為、出口戦略においても有利です。構造重視のページ
差別化

水廻りはドアで仕切りながらも、モザイクタイルの開口で対面キッチン風

 

「もっと聞いてみたい」という方、滝沢設計が全てお答えします。ご質問お待ちしています

賃貸住宅を成功に導くための処方箋のブログ も参考にして下さい。

3階建て長屋の事例 オーナー住居併用=賃貸併用住宅

注文住宅の家づくりの魅力と、賃貸経営事業としての収益メリットが融合した相乗効果。

オーナー住戸のリビング、南面階段なのでスチールのらせん階段としました

3階建て長屋の賃貸併用住宅。神奈川県横浜市で建てました。

道行く人が立ち止まる外観は満室に直結

1階 長屋住戸 21m² 2戸
2階 長屋住戸 23m² 1戸&オーナー住居
3階 オーナー住居

注) 長屋は敷地の形によっては、設計の難易度は高くなることがあります。まずはご相談ください。

賃貸併用住宅について詳しいいブログ

木造3階建て共同住宅の事例

全室に2面採光

最上階には固定階段でロフト(=寝室)付き

1階 :25㎡/4戸
2階 :25㎡/4戸
3階 :25㎡/3戸、20㎡+ロフト5㎡/1戸

  ◊ページトップに戻ります

賃貸経営に「戦わずして勝つ」ブログ

 

 

賃貸住宅以外の事も深くわかる

まずはお気軽に、はじめの一歩 TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP