がけ?

がけ、と聞くと誰しも、自然のままに放置された山肌のようなものを連想されると思います。
しかしながら建築用語としての「がけ」は意味合いが変わってきます。例えば
・自然の山肌であってもその土の土質に定められた勾配より緩い勾配(強い土と弱い土ではがけが崩れ始める角度が異なる)であれば、建築では「がけ」とは呼ばないで「のり」などと呼びます。
・コンクリートや石で一見しっかりとした擁壁が築造されていても、築造時に正しく施工されたことが担保されない場合(基準は主に、施工について行政の検査を受けて合格しているかどうか)、擁壁とは呼ばず、擁壁なのに「がけ」と同じとして扱われます。
つまり建築上のがけとは、「安全が確保されていない高低差のある部分」のことを指します。
そして、がけ(=危険な状態)と見なされますと、その敷地にはいろいろな規制がかかってくることになります。
でもだからといって、さほど悲観的になることはありません。それをこれからご説明しましょう。

注文住宅の注意点

高低差があるわけですから、その規制のパターンは
1、 がけの上に建築する場合
2、 がけの下に建築する場合
と、なります。
この規制をあまりに厳格に拘束してしまうと、密集しているエリアでは擁壁の築造はお隣の人に多大な迷惑をかけてしまうため、現実的に多くの建物の建築が困難となってしまいまず。自分の土地なのに建て替えができないなんて、気の毒ですよね。
そこで1と2、どちらの場合にも対処策が示された救済規定が設けられていますので少しだけ安心して下さい。

*少し読んで面倒くさかったら以下の青字のエリアはすっ飛ばして下さい。

・がけ上の場合

がけが崩れた場合を想定しそれよりも低い位置に地盤改良体の底が至っていればOK。つまり、万が一がけが崩れた時でもこの地盤改良体が残って建物を倒壊から救ってくれる。という理屈です。これならば少ない費用で対応が可能ですね。

・がけ下の場合

がけが崩れてきたことを想定し、それよりも高い位置まで基礎のコンクリートを上に伸ばして造っておけばOK。つまり、万が一がけが崩れた時でもこの基礎の鉄筋コンクリートが崩れてくる土を受け止めてくれる。というわけです。そして、なにも建物全体をRC造でと規定しているのでなく木造住宅の基礎を高くするのでもOKですから、こちらも費用的にかなりコスパに優れた考え方です。

各市区町村によって細かなところは異なりますが、基本的にはこの考え方が共通のものとなっています。
神奈川県の、特に横浜市などは地形に起伏が大きく「がけ」だらけといっても過言ではありません。でもこうした緩和規定がありますので、がけの上、あるいは下にお住まいの方も安心して新築への建替えをご検討していただけます。
「がけ条例」などと呼ばれているのであたかも厳しい規制のように聞こえがちですが、実は最終的には救済の側面が大きいのです。言ってみれば、「たまには行政もおつなことをする」と言えるかもしれません。

心得

家造りに限らず、一旦ネガティブな情報が入ってきてもそこであきらめず、「何か対応する方法はないか」と探すことが大切です。
もちろんどんなに頭をひねったりあちこち聞いて回っても、最終的になにも改善策が見つからない事もあります。でも手を尽くして諦めがつくことで、次のステップに集中して取り組むことができるというものです。
住宅の設計=お客様にとって家造りというのはたいへんにヘヴィーな仕事=大事業ですので、心が折れないように自分をコントロールする事で、盲点となっていた解決策に気づけたりすることもあります。

そういった細かな積み重ねが、一つの家を設計して工事が完成するまでの品質を高めるのです。