「蔵」はMIS○WAさんしかできない、などと思っている方がいらっしゃいます。

でも蔵は特許でもなんでもなく、又、技術力があれば誰でも、簡単ではありませんができるものです。
しかも我々には大企業特有の設計・施工の社内規定などというものがありませんので、これに自由自在に改良を加えてより実用性の高い形態に進化させることが可能です。

具体的にご説明します。

蔵
蔵を設けるには、1階の高さを十分に確保してその上から高さ1.4mの蔵を造り、残った高さが1階の室内、という事になります。
単純に足し算で 2.1m(1階の最低天井高)+0.25m(1階の天井裏)+1.4m(蔵)+0.25m(蔵の天井裏)=1階の高さが4mにもなってしまいます。
これでは蔵の無い部分の天井の高さが不必要に高く、木材や内外装費が不経済ですし、階段のスペースも肥大化。なんと言っても北側斜線制限などがあると2階の北側への影響が大きすぎます。言い換えると、「蔵」のほんの狭い部分だけの為に家全体が犠牲を被ってしまうわけです。

MIS○WAさん曰く「蔵というのはこういうものなんです。蔵をとるか、普通の家にするか、どちらを選択しますか?」・・・これでは結果的に「蔵」は選択できませんね、だからMI○○WAさんでは実際に採用実績が少ないのです。
でも蔵収納に魅力を感じたお客様の気持ちを尊重しなければなりません。あるいは、蔵収納を活用しなければ住宅に必要な各空間が確保できないような土地に建てる場合はどうでしょう?なんとしたって実現してあげなければいけない時は?

そもそも蔵収納って、ほんとにそんな問題児なんでしょうか?
いえいえ、どんな問題児だって丁寧に面倒を見てあげれば必ず厚生してあげられるはずです。

実際に不可能なんてありません。そこで我々の出番です。

蔵とその活用

蔵とその活用

まず1階にスキップフロアを導入し0.35m下げます。
そして2つの天井裏の施工を厳しく詰めて、合計0.5m1階の高さを圧縮し、蔵収納採用に伴うプラス高さを最小限にとどめます。そして、蔵以外の部屋においても、天井の余った高さを活用できればいいわけです。
この活用方法は個別の家それぞれですので、その都度知恵を絞ってご提案させていただきます。
こうしていい点だけを伸ばすことができ、晴れて蔵も問題児の汚名を返上して、この家を活かす超重要メンバーとなることができました。

(次回、その他の高い天井活用法、に続く)