天然木の羽目板

羽目板は内装の、壁にも天井にも採用します。
特に天井に使うと、ナチュラルなだけでなくモダンというか、シャープな趣も与えてくれるので不思議です。

使う樹種は一般的には、ウェスタンレッドシダーかラワンが多くなります。というのは多くの木材商が扱っており、入手が容易。また競争原理も働き比較的安価という事も大きな利点です。

その樹種が持つ色

ここで問題なのが、この2種ともに比較的色が濃いのです。もっとも白木と赤味のバリエーションが幅広いので、「すごく薄い色のものもあればかにはすごく濃いのもある」といったかんじでなのですが、濃い色の方が圧倒的に割合が大きいので全体的に濃いイメージが残ります

得に若いお客様の中では、かなり薄い色合いを好まれる傾向があります。そうなってくるとこの2重種ではしっくりこないのです。
そこで他にないか、と探し始めるわけです。初めは「なんとかあるだろう」と気軽なわけですが、以外と色が薄い樹種で天井につかえる羽目板、とうのはないものなのです。あってもすごく高価だったり。
高いものを使って良くなるのは当たり前、高くないのにすごくいい!ものを選別して探してくるのが、滝沢設計の本丸、簡単には諦めません。天井板

選択肢

アルダーが一番イメージは近いんですが、床材ばかり。
米松でも悪くはないんですけど、米松はすぐに黒く変色してしまいます。
雲杉はちょっとくすんでいるし。
タモやアッシュでは白過ぎ・・・

でも、あるんですよ

特別に高額でなく、特注でもなく、変色もなく、色合いもまあまあ。なのが。
とてもいい感じで貼り上がりました。
もっと大勢の方に広くお勧めしたい、天井の羽目板のお話でした。