今回はプレゼン(=ご提案とその内容の説明)についてお話します

ひとことでプレゼンといっても、その方法は様々ですね。
平面図や立面図を見ながら、そこに表しきれていないところはその場でササッとスケッチを交えながら身振り手振りで。初めの段階はこういった打ち合わせでも充分ですし、必要な楽しい時間です(時々話が横道にそれたりして)。
次のステップとして、もう少し具体的なプレゼンが「模型」。
50分の一などに小さくした、計画建物の模型を造ります。小さくなった家全体を眺められますので、例えば複雑なプランの時など全体のイメージを掴んでいただけます。

 

ただ、もう少し打ち合わせが進みますと、実際にそこに立った時にどのように映るのか?といった具体的なプレゼンが求められてきます。

外観にしても内観にしても、建物は人間より大きいので視線は上向きになり、自分より遠くなる部分ほど小さくすぼまって見えます。これが写真の世界などでは「あおり」と言われるものです。
但し人間の脳は機械的なレンズの画像の「極端さ」をよりスムーズに補正しますので、感じ取る状態としてはあおりは程よいレベルまで抑えられますが、それでもあおりは残ります。その感覚も、実物として理解するにはとても重要な要素です。
アイデアを出し合って創意工夫した内外装の仕上げの素材も「実際に壁に、床に貼ったデザインを、その建つであろう空間に立って見てみたい!」「仕上げ材を変えたパターンだって実際に両方とも見て比べてみないと決められない!」
さて、現物大の模型を造るわけにもいきません、どうしましょう?

 

答えは

パース(=CG、コンピュターグラフィックスですね)でのご提案はそういったリアルなご要望にリアルに応えてくれます。
実物のタイルや床材の見本を片手にパースを見ていただけば、これはかなりお客さまにとって親身なプレゼンとなりますね。
逆説的に言うと「こんなはずじゃなかった!」なんて事もなくなりますし。

パースの作成はとっても時間と根気が要る作業なのですが、丁寧で親切な打合せにおいてとっても大事な、必須なプレゼンなのです。

そして工事へと進んでった時の理解を、前もって実感していただけることは、後々の行き違いを未然に防げる。この効果も、住宅建築のスムーズな流れそして、お客様にとっては大きな満足をもった完成の為のとても大きな要素です。

注)設計料が5%を下回る場合に置きましても、外観パースは必ずご提示させていただいております。