神奈川県横浜市の設計事務所・滝沢設計です。

今回は2階建て木造住宅の構造計算についてお話します。
日本では様々な住宅工法があります。木造の在来工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法、ユニット工法等です。その中で、ダントツに多いのが木造住宅(在来工法)です。
さて、ここで住宅の役割とは何か、改めて考えてみましょう。
それは、「人命と財産を守る器」であること。それが、住宅が常に持っていなければならない大切で、基本的な機能です。地震や台風、竜巻、火事などの自然災害、人的災害から人の生命と財産を守ることが住宅としての大切な役割のひとつです。
阪神大震災を始め、東日本大震災、最近では九州熊本での震災と、地震の被害の傷も癒えないうちにまた別の地震が発生し、人に建物に大きな被害を発生させています。
日本に住む限り、地震とは無関係な場所は無いといえます。
神奈川は、以前から懸念されている東海地震の震源と仮定される駿河トラフも近く、地震に対しての警戒意識の高い県です。

木造2階建て住宅には構造計算は義務とされていない

地震に耐えうる力をこれから建築する建物が有しているかどうかを判定する拠り所が構造計算ですが、木造2階建て住宅については、構造計算は法律、すなわち建築基準法で義務付けられておりません。
別記事で説明したように、構造計算をしなくても、建築基準法施行令40~49条などの技術基準いわゆる仕様規定を満たせば良いとされています。
もちろんこれらは確かな根拠を基に定められており、法律でOKとされていることですので、その基準を適切に遵守することができていれば構造強度は全く問題なく建築されることができます。
この適切に、というところがとても重要で、実は、構造強度に関する基礎的な知識を持っていない技術者でなく、経験豊かなものの構造設計計画が必須です。つまり言い換えますと、しっかりとした技術・経験・知識を持った建築技術者が監修しなければ、単に規定を満たすだけでは構造強度上不完全な建物になってしまう、ということでもあります。
滝沢設計はこの点については、過去の実例において完璧な実績を残してきています。
これまでの大きな地震、やはり3.11が一番でしたが、あの当時、そして今でも滝沢設計が設計・監理した建物に全く何の損傷も起きていません。これは我ながらとても誇らしいことです。

kozo

 

お客様目線で見てみる

ただ2階建て木造住宅の場合は、視点を変えますとただひとつ、どんなに正しく造られていても、その安全性が数値化されていないということは確かに言えると思います。
そこで滝沢設計としては一つの選択肢として、安全性を数値化して実証できる構造計算をご提示しています。。
またもうひとつ、とても重要な事があります。
もし知識と経験に基づかない人が構造計画をした場合には、いくら構造計算をしたとても意味がないのです。
なぜなら、構造計算というものは「弱い建物を強くする」ものでなく、あくまで「しっかりと正しく計画された建物の構造を、改めて数字的に安全性を立証する」というものであるべき、だからです。
つまり、構造計算をする、しないに関わらず、大元の構造設計計画はしっかりと正しく行われていなけばなりません。
滝沢設計はこの点に自信があるので構造計算をしない場合においても、充分に堅牢な木造2階建て住宅を造ってきました。
よりたしかな安心を求め構造計算を希望される方、コストを重視して構造計算を希望されない方(耐力壁の量を基準の1.5倍で対応)のどちらお家も、できる家の強度事態には優劣の無いものとなっています。

お国の事情

さて、ここでちょっと、なぜ国は2階建て木造建築物には構造計算を義務付けないのか、を想像してみましょう。

まずは前提に、今の法制度でも問題となるような結果は見られていないという事実が最も大きな規範です。(ただし、熊本の大地震は別です。現行の法律にのっとて建築されている木造2階建ての住宅でも、残念ながら大きな損傷を受けてしまいました。この事実を受け、だからこそよりしっかりとした技術者の必要性が高まっています)
また、一戸建て住宅に住むことは、日本国民の夢のひとつと言ってもよく、できるだけ多くの国民にその夢を叶えて欲しいという思いが国にはあるのかもしれません。
構造計算の義務化により、構造計算にかかる費用、建物の構造の強化による建築コストの増大(基礎構造の強化、耐力壁量の増加)により、ますます庶民の夢が現実から遠ざかってしまうことが考えられます。
また、義務化による建築業界の反発や混乱、対応の遅れなどにより、例の姉葉事件の後の確認申請の厳密化の法改正の時のような、工事着工数の激減による社会経済の不活発化への懸念、もあるかもしれません。

とにかく、国の思惑に左右されず、最も良い方式を考え出し選択肢としてご提示していくことも我々1級建築士の使命です。

滝沢設計の構造への取り組み