施主支給のいろは

もうだんだんと名詞として固定してきた感がある「施主支給」です。
以前はといえば、建築に使うものは何から何まで全て、施工業者が用意していましたよね。
そしてそれらはやっぱり全て、1次問屋→2次問屋→販売店、を経由して工務店が購入していました。
いうなればお客様の手元に届くまでに4社のマージンが載せられてしまっていたわけです。

時代背景としくみ

このルートの1次問屋の役割をネット販売業者が代わり、2次問屋以降を全部撤廃して、マージンを3つ分減らしてお客様が直接購入して工事現場に入れると、施工業者は施工費だけになる。これが施主支給です。
もちろんお客さま方は、先ほどの2次問屋ほどには安く買えませんが、かつての工務店の見積りと比べたら、全然低い金額が可能となります。
大元のメーカーからするとこの、「2次問屋よりは高い」=「ネット販売業者には1次問屋よりも高い値段で売れる」ことがすなわちメリットになっていて、これが昔のしきたりを「吹っ飛ばした」感じです。そして今も施主支給の流れをより強く後押しいています。

気をつけること

いいことばかり、というわけではありません。お客様に今度は責任、という新たな難物が発生します。
例えば
・品番を間違えた
・足らない部品があって工事が止まってしまった
・不良品が来てしまった
・もっと根本的に、品物の選定が誤っていた
このような事が起きた場合、施工業者に責任は全くなくなります。これは困った事態です。
こんな心配があるならやめようかな・・・と思ってしまいますよね。

ここで滝沢設計の出番です。
一番初めの肝心要の品物の選定段階から、丁寧にアドバイスをし適切なものをお勧めします
そして、ご発注の際には、工事の進行がちょうどいい時期に、あとは単に入力すれば良いところまで、品番をまとめて書いてお伝えしています。
また、不良品の可能性が低く、もしあった場合も対応がしっかりしている流通元をお勧めいたします。

施主支給、は耳触りはとてもいいのですがこうしたフォローがない限り、お客様にとってはかなりリスクの伴う、勇気が要る選択肢となってしまいます。

注意点

ここまでのフォローはお手伝いできますが、一つご注意いただきたいことが残っています。
これらの品物は配送によって工事現場に運ばれること蔚なります。通常は現場監督や大工さんが引き受けをしてくれますが、施主支給品に限り基本この引き受けは、注文をしたお客様ご自身となります。
小さいものでしたら例外として現場の人達も対応してくれますが、大きかったり量が多かったりした場合はお客様が現場での引き受けの対応をすることになります。
経験上は「便利屋さん」をネット検索で手配するのが良いと思います。

nattoku

納得して得してください

せっかく現れたいいシステムですから、流れをしっかりと掴んで、今の時代のメリットを存分に活かした家づくりをしましょう。