工事がだいぶ進んできました。

木造でも3階建てになると、2階建ての時とはだいぶ工事も変わってきます。まず基本的に耐力壁(筋交いや構造用合板)の量が格段に増えます。構造用金物は耐力壁と連動しますので、壁が増えれば金物も増えます。力が集中するような個所では金物が密集してしまうこともあり、そんな状況でもそれぞれの金物が有効に働くよう、細かい調整が必要です。
また、構造用合板をとめる釘やビスの種類と長さ、そして留める間隔、さらには板へのめり込み具合(めり込みすぎると効きませんね)、どれも非常に重要なチェック項目です。
巣鴨

狭小住宅理の工事監理

この家は東京都内の狭小住宅ですので、当然のように間口も狭く、建物の平面上の縦横比は例によってあまり望ましくありません。設計の初期段階から使い勝手と同時進行で、構造計画も抜かりなく行うことが、狭小住宅においては大変必須です。
でもせっかくいい設計をしても、その設計計画通りに工事が進まなければ、まさに絵に描いた餅。まったくの無意味であり、お客様にも大変な損害です。
こうして現場の工事のチェックをし、誤りがもしあれば是正させて、工事を正しく進めていくことも、我々設計事務所の責務です。