横浜 神奈川 東京のデザイン住宅・賃貸併用住宅・アパート建築・ローコスト住宅、バリアフリー住宅への建替、長屋、狭小の注文住宅(狭小住宅)設計・建築なら、基本構造計算で安全安心の一級建築士事務所 滝沢設計

安心・安全の構造計算

  • HOME »
  • 安心・安全の構造計算

根拠ある安心・安全。それは構造計算。

 

建築基準法の規定はこうなっています。

木造で3以上の階数を有する建築物、木造以外(鉄骨造・RC造)で2以上の階数を有する建築物は構造計算によってその構造が安全であることを確かめなければならない

はてな


木造2階建てはこれに当てはまりませんね。ではどうなっているのでしょうか?次にお示しします。

  1. 建物の面積に係数をかけて耐力壁(=筋交や合板壁)の総量を算出します
  2. その耐力壁を、規定に沿って偏りなくバランス良く振り分けます
  3. その結果柱ごとに発生する引抜き力を算出し、それに応じた金物を選定して引抜き力を抑えます

また基礎については地盤調査の実施が定められているのみで、鉄筋とコンクリートについては瑕疵担保保険の基準に準じています

!
つまり木造2階建ての建物は、これらの基準を満たしていれば法律上構造計算の義務はありません。

 

汗でもさっきの法文、気になりますね。「構造計算によってその構造が安全であることを確かめなければならない」の部分。

個別の家について、数値的に安全性が裏付けされた根拠は?と問われると・・・

 

good

確かな根拠があってこそ安心・安全が生まれます。

安心・安全は、デザインやバリアフリーに真の価値を吹き込みます。

滝沢設計は2階建てでも基本的に全棟構造計算を実施します。

(ただし、コストダウンを優先し構造計算を希望されないお客様には、建築基準法の規定の1.5倍の壁量設計に替えての対応も可能です)

 

構造計算は

  • 構造計算書(構造図を基にした計算結果)
  • 構造図(構造計算書の基となる前提条件が記された図面)

の二つによって形成されます。

それが意匠図(平面図・立面図など)と車の両輪となり、現場の工事の礎となるのです。

具体例

構造計算具体例

*表面的には何も主張せず静かに建っています・・・
でも実はこの家、他の家よりも頼もしいんです。

お気軽にお問い合わせください TEL 045 370 8547 営業時間 9:00~20:00

PAGETOP