設計者について、現場施工の知識という点についてみてみます。

設計をやっている人の大方の傾向は、現場施工のことをあまり知ろうとはしません。
理由は、「自分の仕事はデザインなんだから」「デスクワークが好き」「現場の職人さんは苦手」・・・
どんな理由にせよ、現場のことを知らないで設計を進めていけば、これは必ず現場から「この図面みたいにはできないよ」という反応がかえってくる日がやってきます。
もし図面通りに施工することが不可能だったなら、何よりもお客様に対して許されません。
ここで設計者は2通りに分かれてきます。
1、 現場に「なんとかしてよ、」と○投げ
2、 冒険せず無難な設計をする

1、 の場合は工期は遅れ現場の雰囲気は悪くなり、工事費が上がっていきます。それでも設計通りにできればまだいいのですが・・・そうとは限りません。
2、 これもお客様にとっては迷惑な話です。

やっぱり気が向こうが向くまいが、設計者も工事現場に通って工事現場の施工の知識を技術を体で覚えていかなければいけません。
デザインが好きならなおさら、自分のデザインを“絵に描いた餅”などにしない為に、工事現場を黙らせるだけのノウハウを持たなければいけないのです。
言い換えますと、工事現場の人達と同等のノウハウを身に付けて初めて、自分のデザインを具現化できる、とも言えます。

daku

以前話した人で「あんまり現場のことを考えたら思い切った設計ができなくなる」といった人がいました。
でもこれは残念ながら間違いですね。「現場のことを知らないと、いい設計をしたと思ってもその通りにならないことがある」が実際に起きていることです。
たしかに、造りやすいようにばかりを考えた設計に陥ってはいけませんが。

滝沢設計の場合

私は物好きなのか、また現場の職人さん達と話すことに抵抗がない事もあり、現場に行き職人さん達と喧々諤々、試行錯誤を重ね現物を目の前にした経験を積み上げてきました。
施工について「どこまでならできて、どこから先はできないのか?」これは黄金律です。
これを知って初めて、思い切った設計ができるわけですから。